バルミューダトースターの2023年の新型と旧型の違いは4つ!最安値は意外にも…故障や後悔した人の口コミもまとめてみました!

アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

バルミューダトースターの新型と旧型、どちらを選ぶか決めかねている方へ、新旧モデルの違いについて簡単にご紹介いたします。

2023年10月に発売された新型(型番:K11A)と、旧型(型番:K05A)の違いは以下の4つです。

  • 温度制御の見直し
  • 焼きアミの形状の変更
  • 庫内サイズが広くなった
  • 新しい色が追加された

旧型(型番:K05A)ならば、新型よりも安く手に入りますよ。通販でも購入可能です。

\\お買い物マラソンエントリー受付中!!ポイント最大46倍!!//
楽天市場で購入

この記事では、バルミューダトースターの新型と旧型の上記の4つの違いについて、より詳しく解説していきます。

「バルミューダのトースターが気になるけど、新型と旧型で何が違うのかな?」と悩んでいるあなたは、ぜひ参考にしてくださいね。

2023年の新型バルミューダトースターと旧型との違いは4つ!

バルミューダトースターの新型(K11A)と旧型(K05A)の違いは以下の4つです。

  • 温度制御の見直し
  • 焼きアミの形状の変更
  • 庫内サイズが広くなった
  • 新しい色が追加された

※バルミューダトースターの新型(型番:K11A)は2023年10月に発売されました。

※バルミューダトースターの旧型(型番:K05A)は2020年に発売されました。

ここからは、バルミューダトースターの新型(K11A)と旧型(K05A)の違いについて、さらに詳しく解説していきますね。

「新型と旧型の違いが知りたい!」というあなたは、ぜひ参考にしてください。

● 温度制御の見直し

新型のK11Aは、温度センサーの改良により旧型のK05Aよりも、トーストの焼き上がり状態がさらに良くなりました。。

センサーの精度向上により、パンの表面と内部の温度をより正確に調整できるようになったので、旧型よりも表面のサクサク感とパンの中身のもちもち感がさらにアップしましたよ。

● 焼き網の形状の変更

新型K11Aの焼きアミは、波形です。旧型のアミは真っすぐの形状です。

この網の形状の違いにより、新型のバルミューダトースターは、パンの裏面が均等に焼けるようになっています。

波形のデザインは、熱を均等に伝え、パンを一層美味しく焼きあげてくれますよ。

● 庫内サイズが広くなった

新型K11Aの庫内は、旧型K05Aよりも奥行きが2cm広くなりました。

これにより、市販のピザ(19cm)なども調理可能になりましたよ。

バルミューダトースターの口コミには「庫内が狭い…。」という口コミがよくありました。そのようなユーザーの意見を反映し、新型のK11Aでは、奥行きを広くする改良がなされたのでしょうね。

本体のサイズは旧型と同じですので、置いた時の奥行きは新型も旧型も同じですよ。

● 新しい色が追加された

新型K11Aはホワイト、ブラック、ショコラ、グレーの4色です。新型K11Aでは「ショコラ」という新しい色が追加されました。

旧型K05Aはホワイト、ブラック、ベージュの3色でしたよ。

色が増えたことで、選ぶ楽しみがよりアップしましたね。

以上が、バルミューダトースターの新型(K11A)と旧型(K05A)の違い4つです。

ちなみに旧型K05Aから取り入れられた「電源ON/OFFボタン」と「一定時間操作がない場合に電源が自動的にオフになる機能」はそのまま新型に引き継がれています。

これらの新しい機能により、バルミューダトースターK11Aは、より美味しいトーストを手軽に楽しむことができる、進化したモデルとなっています。

バルミューダトースターの新型の最安値を紹介

2023年10月20日現在、新型バルミューダ トースター(K11A)の最安値は、2023年10月現在、29,700円(税込)です。

この価格は、バルミューダ公式オンラインストアで提供されている価格です。

楽天やAmazonなどのショッピングサイトでも、最安値は29,700円(税込)ですよ。

意外なことに、2023年10月現在は、公式サイトと楽天やAmazonなどのショッピングサイトでの最安値はほぼ同じですよ。

おそらく販売が始まって間もないために、今のところは最安値に大きな差が出ていないと考えられます。

ここからは、バルミューダ公式サイトと楽天やAmazonで購入する場合のデメリットとメリットを解説していきます。

「最安値がどこも同じならばどこで購入しよう…」と悩んでいるあなたは、デメリットとメリットを見比べて購入するお店を検討してみてくださいね。

バルミューダトースターの新型(K11A)を公式サイトで購入するデメリットとメリット

デメリット

  • BALMUDA IDの登録手続きが面倒
  • 貯まったポイントはバルミューダ公式サイトでしか使えない

メリット

  • 保証期間が1年から2年に延長される。
  • 正規品であることが保証されている。偽物や模造品を心配せず、安心して購入ができる。
  • バルミューダトースターの新型を購入する場合は送料は無料になる。
  • バルミューダ公式ポイントが貯まり、次回の購入に利用できる。
  • 定期的にお得なキャンペーンやセールが開催されており、割引や特典が受けられる。

デメリットは「BALMUDA IDの登録が面倒」という点です。

住所や名前を登録する必要がありますので、この作業が面倒な場合は、楽天やAmazonなど、あなたがよく買い物に利用するサイトでの購入がおすすめですよ。

メリットとして大きいのは、公式サイトで購入すると追加料金がなく、保証期間が2年と長くなることです。

バルミューダトースターは高価な買い物ですので、保証期間が長い方がありがたいですね。

バルミューダトースターの新型(K11A)を楽天やAmazonで購入するデメリットとメリット

デメリット

  • 正規品か?事前に確認する必要がある
  • 保証期間が1年間である商品が多い(保証を延長できる商品もあるが追加料金が必要な場合が多い)

メリット

  • 楽天やAmazonのポイントが貯まるので、今後の買い物に利用できる
  • 楽天、Amazon、Yahoo!などあなたがすでに持っているアカウントを活用できる
  • 配送が早い
  • 定期的にキャンペーンやセールが開催されているので、最安値よりもさらにお得に手に入れられる可能性が高い

楽天やAmazonのデメリットとして一番気になる点は、購入の際に「正規品のバルミューダトースターであるか?」を、確認するためにサイトの説明をしっかりと読む必要があるところです。

楽天やAmazonなどで購入する際は、以下のような点をよく確認するようにしてくださいね。

  • 商品に「バルミューダ」の保証書が付属しているかを確認する
  • 商品に「バルミューダ」のロゴが入っているかを確認する
  • 販売元がバルミューダ公式ストアか、正規代理店かを確認する

メリットとしては「楽天スーパーセール」や「Amazonブラックフライデー」などのビッグセールの時に購入すれば、ポイントがたくさん貯まり、実質、最安値よりもかなりお得に購入できる可能性が高いですよ。

バルミューダトースターの旧型の価格を紹介

楽天やAmazonでの旧型(K05A)の価格は、安いもので2万円前後のものが多いです。新型よりも少しお安く手に入ります。

使い勝手に関しては、新型の方がより改良が加えられています。

旧型は、公式サイトでの購入はできなくなっています。公式サイトで探してみましたが、見つかりませんでした。

ですので新型よりも少し安い旧型を購入する場合は、楽天やAmazonなどからの購入がおすすめです。

家電量販店でも販売されている可能性はありますが「好みの色の在庫がなかった」「他のお店をはしごして、安い商品を見比べる必要がある」など、少し手間がかかる可能性がありますよ。

故障に関する口コミを紹介

ここからは、バルミューダ トースター旧型(K05A)についての故障に関する口コミを紹介していきます。

※新型(K11A)は、2023年10月に販売されたばかりですので、故障に関する情報はほぼありません。

ネットで検索してみると、バルミューダトースターの故障に関する口コミがチラホラとあります。

  • 操作していないのにピピッピピピピと鳴り出した
  • 突然電源が入らなくなった
  • タイマーが機能しなくなった
  • パンが均等に焼けなくなってきた

故障に関して口コミしている人は、使い始めて1~2年という人が多かったです。

バルミューダトースターの故障の口コミはそんなに多くないです。

ですが、確かに3万円近くするトースターが寿命1~2年というのは少しがっかりした気持ちになってしまいますね。

ただ、バルミューダのトースターは複雑な機能が付いている分、焼くだけの機能のみの安価なトースターに比べると、故障のリスクは高いと考えられます。

この点はきちんと覚悟して購入しておいた方が、いざというとき心のダメージが少なくて済みます。

また、バルミューダのトースターが故障した場合、修理してもらえる可能性はかなり低いです。

故障した方の口コミを見てみると、保証期間内の無料交換または、保証期間が過ぎている場合は有料で新品との交換を進められることが多い様子です。

有料で新品と交換する場合は、定価よりも少し安くして頂けるとのことでした。

2023年10月現在、ネットで検索してみると、15,000円前後で案内されている方が多かったですよ。

ですので、もしも保証期間が過ぎて、故障してしまった場合は「有料で新品のバルミューダのトースターと交換する」「他のメーカーのトースターの購入を検討する」の2パターンの対応を検討する必要がありますね。

また、以下の点に注意しておくことで、バルミューダのトースターの故障のリスクを下げることができますよ。

  • パンは、トースターの指定された枚数や厚みに合わせて入れる
  • パンを均等に配置して、庫内の温度が均一になるようにする
  • パンを焼きすぎず、焦げ付きを防ぐ
  • 庫内が汚れた場合は、すぐに掃除を行う

故障を予防するために、ぜひ、こまめなお手入れをしてあげてください。

バルミューダトースターで後悔した人の口コミを紹介

バルミューダトースターは「買って後悔した…。」という口コミがチラホラあります。

主な理由としては以下の3つです。

  1. 自分の生活スタイルに合っていなかった
  2. 価格が高い割には満足感が得られなかった
  3. 面倒な手間が多い

ここからは、バルミューダトースターを買って後悔した人の口コミをもう少し掘り下げて紹介していきますね。

1.自分の生活スタイルに合っていなかった

  • パンを1度に2枚ずつしか焼けないので不便
  • 焼く時間が長いので、朝ドタバタしている我が家には向いていないトースターだった

● パンを1度に2枚ずつしか焼けないので不便

旧型のK05Aの口コミで「一度に2枚しか焼けないので少し不便…。」という口コミがありました。

3人以上の家族で、朝ドタバタしがちな家庭では、パンが一度に4枚焼けるトースターの方が好まれる傾向にあります。

ですので、あなたのご家庭が現在「家族が3人以上」「朝の支度にドタバタしがち」「家族が同じ時間にパンを食べる」などの状況ならば、バルミューダトースターを買ってしまうと後悔する可能性が高いですね。

● 焼く時間が長いので、朝ドタバタしている我が家には向いていないトースターだった

バルミューダのトースターの焼き時間の目安は2.5〜3.5分です。

今まで使っていたトースターの火力が強く、2分くらいでトーストを焼き上げていた場合は「焼く時間が長い…。」と、感じる場合があります。

あなたが「短時間でパパッとトーストが焼けるトースターが欲しい」と思っている場合、バルミューダのトースターを購入してしまうと、少し後悔する可能性がありますね。

2.価格が高い割には満足感が得られなかった

  • バルミューダトースターを使って焼いたパンと、今までのパンの違いがよく分からない
  • 高い買い物だったのに2年で壊れてしまった
  • 基本的にパンを焼く以外に使わない

● バルミューダトースターを使って焼いたパンと、今までのパンの違いがよく分からない

バルミューダのトースターを手に入れて後悔した口コミとして「今まで使っていたトースターとの違いが分からない…」というものが、たまにあります。

バルミューダのトースターは5枚〜4枚切りの、厚切りのパンを焼いてこそ「外側はカリッと中はモチッと」という機能の良さを発揮します。

ですので、あなたが8枚切りの薄いパンを好んで食べている場合は「今まで使っていた安いトースターと何が違うの…?」と、購入したことを後悔してしまう可能性が高いです。

● 高い買い物だったのに2年で壊れてしまった

バルミューダのトースターには「購入して2年くらい使ったら壊れた…高かったのに残念…」「1年ちょっとで壊れてしまった…次は他のメーカのを買おう…」という口コミがたまにあります。

バルミューダのトースターは、パンが一番おいしく焼けるように庫内の温度を調整する機能が付いています。

この複雑な機能が付いている分、5000円くらいの安いトースターに比べると、寿命は短くなると考えられます。

このことを覚悟して、できるだけ長い保証期間を付けて購入するなど対策をしておくことで、早く故障してしまった時の心のダメージを軽減できますよ。

● 基本的にパンを焼く以外に使わない

バルミューダのトースターは「基本的にパンを焼く専用のトースター」という意見を出している人が多いです。

バルミューダのトースターはグラタンやお餅、揚げ物の温め直しなど、パンを焼く以外のこともできます。

ですが「狭いのでグラタン皿が1枚しか入らなくて不便」「お餅が網から落ちる」「揚げ物を温めると掃除が面倒」と、パンを焼く以外に活用しているユーザーさんは少ない様子です。

ネットで検索してみても「おいしいパンを焼くために使っています」という口コミがかなり多く、それ以外の使用法をしている人はあまり見かけませんでした。

3.面倒な手間が多い

  • 水をこまめに入れなければいけないのが面倒
  • 部品を分解してこまめに掃除をしなければいけないのが面倒

バルミューダのトースターはクラシックモード以外は水を1回ずつ入れて使います。

また、温度調整の機能が正常に働くように、4つのパーツを取り外し、こまめに掃除する必要があります。

これらの手間が「面倒だ…」と、感じている人もチラホラといます。

ですので、これらの手間を覚悟して購入した方が、後で後悔しないですよ。

バルミューダのトースターは高級で高性能な製品であり、多くの人にとっては理想的なトースターです。

「こんなにおいしいパンが焼けるなんて最高!」「買ってよかったです」という口コミはとても多いですよ。

しかし、価格、故障リスク、好みの食感、オーブン機能の使いやすさに関する要望や制約もあることを理解することが大切です。

購入前にこれらの点を検討し、自身のニーズに合うかどうかを検討してみてくださいね。

人気色はホワイトとブラック

バルミューダのトースターは、ホワイトとブラックが人気色です。

ホワイトは、シンプルで清潔感のあるデザインにぴったり合い、どんなキッチンにも調和します。

また、ホワイトは明るい雰囲気を演出し、食卓を引き立てる魅力があります。

飽きずに長く愛用できると、選んでいる人が多い人気色ですよ。

ブラックは、洗練された印象を与えるカラーです。また、シックでスタイリッシュな雰囲気を持ち、高級感を演出してくれますよ。

キッチンをより、スタイリッシュにおしゃれにしたいという人はブラックがおすすめです。

また「ホワイトよりも焦げや汚れが目立たない」という理由で選んでいる人も多い様子ですよ。

旧型(K05A)の色はホワイト、ブラック以外にベージュがあります。

新型(K11A)の色はショコラ、グレーがありますよ。グレーは2023年10月現在は公式サイト限定の色です。

「新型(K11A)のグレーが欲しい!」という場合は、公式サイトで購入してくださいね。

これらの色は「ショコラはホワイトやブラックでは無難な感じがするので、個性的でおしゃれな色がいい」という人に人気の色です。

どの色も個性的とは言いつつ、落ち着いた色合いなので、トースターの色だけが不自然に浮くということもないですよ。

Posted by いちこ