どんぐりの煮沸の方法や煮沸時間を紹介!ビニール袋で冷凍する方法も!

2021年8月15日

スポンサーリンク

公園などで拾ってきたどんぐりは煮沸をしてから保存をするのがおすすめです。
平顔アイコン
いちこ

どんぐりの煮沸は「煮沸消毒」の意味もありますが、一番の目的はどんぐりの中に住み着いている虫を駆除することですよ。

B子さん

エッ、どんぐりの中には虫がいるの!?煮沸して駆除しておかないと、大変なことになるわね。

この記事では、どんぐりの煮沸の方法や煮沸時間を詳しく紹介していきますよ。

また、どんぐりの「帽子」を付けたまま保存する方法や色落ちを予防する方法も紹介しています。

「虫の駆除をしなかったために、大変なことになってしまった」と、後から後悔しないために、お子さんと拾ってきたどんぐりで工作を楽しみたいママさんは今すぐにチェックですよ!!

どんぐりの煮沸の簡単な方法や煮沸時間を紹介!

公園で拾ってきたどんぐりを家で保存したり、お子さんと工作に使ったりするときは、必ずどんぐりの煮沸をしましょう。

どんぐりの中には、通称「どんぐり虫」と呼ばれる以下のような虫が高確率で住み着いています。

  • クヌギシギゾウムシ
  • コナラシギゾウムシ
  • ハイイロチョッキリ
  • 蛾の幼虫
困ったアイコン
いちこ

「保存容器の中で虫が大量発生していた!?」なんて、想像するだけでも恐ろしいですものね。
拾ってきたどんぐりは保存する前に必ず虫の駆除処理をしましょう。

B子さん

どんぐりの煮沸の方法ってどうやればいいのかしら?

ウィンクアイコン
いちこ

どんぐりの煮沸の方法は「選別⇒煮沸⇒乾燥」という手順で行っていきます。作業自体はとても簡単ですよ。

※どんぐりの煮沸に使う鍋は、煮沸後、茶色く着色してしまう可能性があります。虫が出てくる可能性もあります。以上のことを考慮して使う鍋と選んでくださいね。

※「煮沸以外の方法で虫を駆除したい!」というあなたはここをクリック!!

ここからは、どんぐりの煮沸の手順を順番に解説していきます。

手順1.選別

選別の第一段階は「見た目」です。パッと見て以下のようなどんぐりは取り除いてください。

  • 穴や割れ目があるもの
  • 芽がでているもの
  • へこんでいるもの
  • 汚いもの

見た目の選別が終わったら、第二段階の選別です。どんぐりを洗うついでに水に浮かべてみましょう。

そして、水に浮いてきたどんぐりは取り除いてください。

水に浮くどんぐりは、虫に中身を食われてスカスカになっている可能性がかなり高いです。ですので、選別の段階で取り除いておきましょう。

手順2.煮沸消毒

どんぐり煮沸

どんぐりの煮沸の方法はとても簡単です。沸騰させたたっぷりの水(どんぐりの3倍量が目安)にどんぐりを入れるだけ(笑)これだけです。

どんぐりを入れた後は弱火にして加熱してくださいね。中火や強火だと、どんぐり同士がぶつかり合って割れる可能性が高くなりますよ。

煮沸の一番の目的は、選別後のどんぐりに潜んでいる可能性のある虫を駆除することです。

見た目や水に浮かして選別しどんぐりに「100%虫がいない!」とは言い切れません。ですので、煮沸して虫を駆除する作業はとても大切ですよ。

どんぐりを煮沸すると、虫の駆除と同時に煮沸消毒もできますよ。これも煮沸の利点ですね。

煮沸時間は3~10分以内が目安

どんぐりの煮沸時間の目安は以下の通りです。「煮沸時間はどれくらいにすればいいのかな?」と、悩んでいるあなたは、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 小さいどんぐりは3~4分
  • 大きいどんぐりは8~10分以内

煮沸の時間が短すぎると、虫が駆除しきれません。しかし、長く煮沸しすぎるとどんぐりが割れる可能性が高くなります。

上記の煮沸時間を目安にすると、そのようなリスクがかなり下がりますよ。

帽子は煮沸中に外れる可能性が高い

どんぐりの「帽子」は、煮沸をすると高い確率で外れます。

ですので、「帽子」を付けたまま保存したい場合は、後述で紹介する「冷凍」や「塩水につける」方法で虫の駆除をしてくださいね。

これらの方法を使うと、どんぐりの「帽子がとれないかな…。」と、心配の必要がありません。

⇒今すぐに「煮沸」以外の虫の駆除方法を知りたいあなたはここをクリック!!

手順3.煮沸が終わったらザルにあげる

煮沸が終わったどんぐりは、一度ザルにあげてしっかりと水を切ってください。どんぐりがかなり熱いのでやけどに気を付けて作業をしてくださいね。

ここで注意してほしいのが「冷水をかけない」こと。

私も反射的によくやってしまう行動ですが、熱いどんぐりを早く冷やそうとして冷水をかけるのはNGです。

冷水などで急激に冷やしてしまうとどんぐりが割れる可能性がありますよ。

手順4.乾燥

どんぐり乾燥

どんぐりをザルにあげて、ある程度水気が蒸発したら、乾燥させていきましょう。

乾燥の方法は、新聞紙に重ならないように広げて、風通しのいい日陰で2~3日置いておきます。

どんぐりに湿気が残っていると、保存中にカビてしまいます。こまめにひっくり返して、両面をしっかりと乾燥させてくださいね。

「日光に当てた方が早く乾くのでは?」と思ったあな!直接日光に当てて乾かすとどんぐりが割れる可能性がありますよ。

ですので、煮沸後のどんぐりは日陰で乾燥させるのがおすすめです。

手順5.保存

煮沸して乾燥させた後のどんぐりは、湿気のない場所で保存しましょう。

瓶に乾燥剤を入れて置けば、バラけずに長期間保存できますよ。保存環境が良ければ3年ほど保存可能です。

お子さんとの工作に活用してもいいですね。煮沸後のどんぐりは、以下のようにいろいろな工作に使えますよ。

どんぐり工作
どんぐりを使った工作
  • どんぐりコマ
  • どんぐりのネックレスやブレスレット
  • フォトフレームの飾り
  • リースの飾り
  • どんぐり人形

ただ瓶に入れて保存するだけではなく、おもちゃや飾りにしてから保存しておくと、より愛着が湧きますね。

どんぐりの煮沸の代わりに冷凍する方法もあり!?

C子さん

どんぐりを煮沸すると、鍋が茶色になっちゃうのよね…。料理用の鍋に虫がいるかもしれないどんぐりを入れるのもちょっと抵抗があるわ。

笑顔アイコン
いちこ

そんなC子さんには「ビニール袋に入れて冷凍する方法」か「塩水につける」方法がおすすめです。
この方法ならば、鍋を使わずに済みますよ。

ここからは、どんぐりを煮沸する代わりに「冷凍」や「塩水」を使って虫を駆除する方法を紹介していきます。

小さいお子さんがいて「煮沸の作業はちょっと心配…。」というママさんにもおすすめの方法ですよ。

ビニール袋やジップロックに入れて冷凍する方法

どんぐりはビニール袋やジップロックに入れ1週間ほど冷凍すれば、どんぐりの中の虫を駆除できますよ。

冷凍期間が短すぎると、どんぐりの中心部まで冷凍できず、虫が生き残る可能性が高いです。

「1週間冷凍は長いのでは?」と思っても、これくらいの期間冷凍しておいた方が、確実に虫を駆除できますよ。

どんぐりの帽子を付けたまま保存したい時や、煮沸以外の方法で虫の駆除をしたい時にはこの方法がおすすめです。

冷凍が終われば、煮沸した時と同じように、新聞紙に重ならないように広げて風通しのいい日陰で1週間ほど乾燥させてください。

塩水につける方法もある

水1L:塩大さじ2杯の塩水に選別後のどんぐりを一晩つければ、煮沸するのと同じように、どんぐりの中の虫を駆除できます。

一晩つけた後は、煮沸した時と同じように、新聞紙に広げて風通しのいい日陰で乾燥させてくださいね。

⇒「煮沸」の乾燥~保存の手順を確認したいあなたはここをクリック!!

どんぐりの煮沸の代わりにレンジを使うのは危険!

B子さん

どんぐりの煮沸の代わりにレンジを使えば、煮沸消毒と同じ効果があるんじゃない?

いちこ

煮沸の代わりとしてレンジを使うのはとても危険ですよ!絶対にやめてくださいね!!

どんぐりの煮沸の代わりとして、レンジを使うことをおすすめできない理由は、どんぐりが破裂する可能性があるからです。

最悪の場合、レンジが壊れたり、あなたがケガをしたりしてしまいますよ。

「生卵をレンジで加熱すると破裂する」という実験がよくテレビで放送されていますが、それと同じ原理ですね。

どんぐりの中の水分が膨張して、皮がその膨張に耐えられず破裂してしまいます。

何度も書いてしまいますが「どんぐりをレンジで加熱する」行為は危険なので絶対にやめてくださいね。

どんぐりの煮沸の後の色落ちを防ぐ方法

C子さん

どんぐりを煮沸してしばらく保存していたら色落ちしていたの…。これを防ぐ方法ってあるのかしら?

ウィンクアイコン
いちこ

どんぐりの色落ちは「木工用のニス」を活用すると防げますよ。

上のイラストのようにビニール袋に、木工用ニスとどんぐりを入れてフリフリすれば、簡単にコーティングできます。

コツは、ビニール袋に入れるニスを少な目にしておくことですよ。足りなければ、少しずつ足していきましょう。

2~3回重ね塗りをすることで、きれいに仕上がります。

木工用ニスでどんぐりをコーティングすれば「色落ちを防げる」「艶(つや)が出て見た目がきれいになる」「割れにくくなる」と、一石三鳥ですよ♪

まとめ

  • 拾ってきたどんぐりは、煮沸して中の虫を駆除してから保存するのがおすすめ
  • どんぐりの煮沸は「選別⇒煮沸⇒乾燥」という手順で行う
  • どんぐりの煮沸時間は実の大きさを見ながら3~10分以内にするのが目安
  • どんぐりの帽子は煮沸で取れてしまうので「帽子を付けたまま保存したい」場合は「冷凍」や「塩水につける」方法がおすすめ
  • どんぐりは煮沸の代わりに「ビニール袋に入れて冷凍する」「塩水につける」などの方法でも虫の駆除ができる
  • どんぐりの煮沸の代わりにレンジを使うのは危険!
  • どんぐりの色落ちを防ぐには「木工用ニス」を活用するのがおすすめ
B子さん

煮沸の方法やコツが分かったし、早速、娘とどんぐりの煮沸をやってみるわ

C子さん

私は、息子がたくさんどんぐりを拾ってきたから、冷凍する方法を試してみましょう♪

秋になると、お子さんはたくさんどんぐりを拾ってきますよね。私も小さいころ、公園でどんぐりを拾うのが大好きでした(笑)

「どんぐりの中には虫が住み着いている」なんて知ってしまったら「気持ち悪い」「捨ててきてほしい」と、思ってしまいますが、きちんと駆除すれば大丈夫ですよ。

タカ
いちこ

今回、紹介した3つの方法はどれも簡単に試すことができますよ。
どんぐりを工作に使う際は、これらの方法で虫を駆除してから楽しんでくださいね♪