大葉の収穫はどこから?保存の仕方やプランターのサイズも紹介!

スポンサーリンク

B太郎さん

大葉ってどこから収穫すればいいんだろうね?収穫方法が分からないな…。

パスタやドレッシング、そうめんの薬味として夏場に大活躍する大葉。

困ったアイコン
いちこ

実を収穫する野菜に比べると「どこから収穫すればいいのかな?」と、収穫方法が分かりにくいですよね。

大葉の収穫方法は、一般的に「どこから?=下の大きい葉から」「収穫方法は?=ハサミで収穫する」です。

この記事は、以下のことで悩んでいるあなたにもおすすめですよ。

  • 大葉の収穫のタイミングが知りたい
  • 大葉の収穫時期がいつまでかを知りたい
  • 大葉の収穫後の保存方法が知りたい
  • 大葉の栽培に適したプランターのサイズが知りたい

今、この記事を読んでおけば、今年は柔らかくて風味たっぷりの大葉がたくさん収穫できますよ♪

大葉の収穫はどこから?収穫方法やタイミングは?

B太郎さん

大葉はどこから収穫すればいいのかねぇ?美味しそうな葉を適当にちぎってしまえばいいのかな?

ウィンクアイコン
いちこ

大葉の収穫方法にはコツがあるんです。ここではそのコツを紹介していきます。

「どこから収穫すればいいんだろう…」と、大葉を目の前にして悩んでいるあなたは、ぜひ参考にしてくださいね♪

収穫方法は大きい葉からハサミで収穫する

大葉は、大きい葉から順番に収穫していきましょう。基本的には下の葉から大きくなっていきますので、下から上に向かって収穫をしていきます。

小さくて柔らかい葉ばかりを優先して収穫し、大きい葉を残すと、小さい葉しか出てこなくなりますよ。

収穫にはハサミを使うのがおすすめです。大葉の葉の部分は、手でペタペタ触ると風味が失われていきます。

ですので、ハサミを使えば葉をあまり触ることなく収穫ができますね。

「ハサミを使うのはめんどくさい!」という場合は、下の画像のようにできるだけ軸の部分だけを触って収穫してください。

収穫のタイミングは背丈が30cmくらいになったとき

収穫は、大葉の背丈が30cmくらいになり、葉が10枚以上出たタイミングを目安にして始めましょう。

これよりも小さいうちに収穫を始めると、その後の成長スピードが遅くなったり、花が咲き始めて枯れてしまったりします。

このように、大葉は収穫できる直前まではとてもデリケートな状態です。

収穫できる目安の大きさになるまでは、焦らずに成長を見守ってあげてくださいね。

収穫量を増やしたい場合は摘芯を行う

大葉の収穫量を増やしたい場合は、摘芯(てきしん)という作業を行いましょう。

摘芯は、先ほど解説した収穫のタイミングになったときに、成長点である中心の茎を切り取るだけです。下の図を参考にしてくださいね。

これで、わき芽がどんどん出てきて、たくさんの大葉が収穫できます。

収穫が追いつかなくなった場合は、摘芯をお休みするなどして収穫量を調整してくださいね。

収穫が追いつかない場合は茎ごと収穫するのがおすすめ

大葉の成長スピードに葉の収穫が追いつかなくなった場合は、思い切って茎ごと収穫してしまいましょう!!

茎の収穫は下から行ってください。茎ごと収穫したら、柔らかい葉を選別して食べましょうね。

夏場になってくると、大葉はかなり早いスピードで成長していきます。

葉を1枚1枚摘み取る収穫方法では、収穫が追いつかなくなります。すぐにモサモサになりますよ(笑)

大葉の収穫時期はいつまで?収穫時期を延ばす方法は?

B太郎さん

大葉の収穫時期っていつまでなんだろね?できれば長く収穫を楽しみたいね。

平顔アイコン
いちこ

「収穫時期がいつまでか?」を知っておけば、その期間は「大葉を買わなくて済む」と安心できますね。

ここからは「大葉の収穫時期はいつまでなのか?」について解説していきます。

「収穫時期を延ばす方法」や収穫期間が短くなってしまう「植え付けの注意点」なども解説していきます。

収穫は10月頃まで可能

大葉の収穫時期は、6月~10月頃までです(生育適温20℃前後)。暖かい地域では11月上旬まで収穫が可能ですよ。

「私の地域の収穫時期はいつまでだろう?」と気になっているあなたは、下の地域ごとの収穫時期の図を参考にしてくださいね。

収穫時期を延ばす方法

大葉の収穫時期を延ばす方法は以下の2つですよ。

  • 適度に茎を切り風通しを良くする
  • 花穂が出てきたら摘み取る

適度に茎を切り風通しを良くする

大葉は適度に枝を切り風通しをよくして栽培することで、カビや病気を予防できます。

株が元気であれば、その分長く収穫を楽しめますね。

大葉は、夏場になってくると、毎日葉っぱを収穫しても追いつかないくらいもっさりと茂ってきます。

ぱっと見て風通しが悪そうだなと感じた場合は、茎ごと切り取ってくださいね。

上からと横から見て、程よく向こう側が見えるくらいにしてあげましょう。

花穂が出てきたら摘み取る

大葉の花穂が出てきたら、その都度摘み取りましょう。

大葉は、花を咲かせて種を残したら枯れてしまうので、それを防ぐことで少しだけ収穫時期を延ばすことができますよ。

とはいえ、花が咲くということは、大葉が生きていける環境ではなくなってきたということ。

花が咲き始めたら、大葉の収穫はそろそろ終わりかなというサインですよ。

植え付けが早すぎると枯れてしまうので注意!!

大葉は、植え付けの時期が早すぎると「寒い!!秋になったから寒くなる前に子孫を残さないと!!」と勘違いをして花を咲かせて枯れてしまう体制になります。

我が家の大葉も、6月上旬に花を咲かせて枯れてしまったことがあります。

これは、ビニルハウスで発芽させ、3月上旬に苗を植え付けてしまったため。大葉には寒すぎたのでしょうね(笑)

この場合は、花を取ってしまえば収穫時期を少し延ばすことができます。しかし、葉が硬くなったり、風味が弱くなったりします。

種まきや植え付けは、きちんと時期を守りましょうね。

大葉を収穫した後の保存は冷凍か乾燥がおすすめ

B太郎さん

大葉って夏場になると大量に収穫できて食べきれなくてね…。長く保存する方法はあるのかね?

ウィンクアイコン
いちこ

それならば「冷凍保存」か「乾燥保存」がおすすめですよ。

50枚くらいの大葉もジップロックや瓶にコンパクトに収まってしまいます♪

ここからは大葉を収穫した後の保存方法について紹介していきます。

冷凍保存

大葉は冷凍保存すると1ヶ月ほど保存が可能ですよ。保存の手順は以下の通りです。

大葉の冷凍保存手順
  1. 大葉を洗う
  2. キッチンペーパーで水気を取る
  3. そのままジップロックに入れる

ズボラな私はキッチンペーパーで水気を取らず、ザルに広げて軽く天日干しをして乾燥させています(笑)

冷凍させた大葉を料理に使うときは、冷凍庫から出してジップロックを軽くモミモミすれば上の写真のようにみじん切りの状態になります。

あとは、そのままパスタやドレッシングに加えるだけ♪

私はよくおにぎりの具として使っていますよ。鮭フレークと合わせると絶品おにぎりになります。娘にも好評ですよ。

乾燥保存

大葉はレンジで乾燥させて瓶に入れ、冷凍保存しておくと6ヶ月ほど保存が効きます。

少し手間はかかりますが、長期間保存ができる点がとてもありがたいですね。乾燥の方法は以下の通りです。

大葉の乾燥保存手順
  1. 大葉を洗ってキッチンペーパーで水気を取る
  2. 耐熱皿にキッチンペーパーを敷きその上に大葉を並べる(できるだけ重ならないように)
  3. レンジで3分程加熱(600W)する
  4. 少し冷ましパリッとなったら完成!!
  5. 瓶に入れてスプーンで粉々になるまでつぶす

少し塩をかけると最高のお酒のつまみになりますよ。大葉が大量に収穫できて食べきれないときは、この方法がおすすめです♪

冷蔵や常温保存

大葉は冷蔵で1~2週間、常温で数日保存が可能です。すぐに使い切れる量ならば、冷蔵や常温保存でも大丈夫ですよ。

冷蔵の場合は、下の画像のように小さめのコップに軸が浸かる程度の水を入れ大葉を入れておきましょう。水は3日に1回は交換してください。

乾燥予防のためにラップをしておくといいですよ。

常温保存の場合は茎ごと収穫して水につけておけば大丈夫です。我が家はバケツに水を入れてその中に入れています(笑)

大葉の収穫に適したプランターのサイズを紹介!

B太郎さん

大葉の収穫ってプランターでもできるのかね?

笑顔アイコン
いちこ

大葉の栽培・収穫はプランターでも可能です。2株ほど植えていれば、夏場の薬味には困りません♪

しかも、大葉は比較的簡単に栽培できます。プランターだとベランダの片隅などでもお手軽にチャレンジできますよ。

ここからは、大葉の栽培に適した「プランターのサイズ」や「プランター栽培に必要な資材」「一緒に植えるといい野菜(コンパニオンプランツ)」について紹介していきます。

おすすめのプランターのサイズは幅65cmのもの

大葉の栽培におすすめのプランターのサイズは2~3株ならば65型、1株ならば丸型の8号がおすすめです。

2~3株65型(長方形)幅65cm×奥行20×深さ20
1株8号(丸型)直径24cm

プランターは、水はけのいい、底に穴があるものを選びましょう。

2株植えの場合の株間は20cm、3株植えの場合は15cmにしてくださいね。

プランター栽培に必要な資材

大葉のプランター栽培では、以下の資材も用意しておきましょう。

  • 培養土
  • 鉢底石
  • 追肥用の肥料
  • 支柱

培養土

プランター用の土はホームセンターで手に入る「花・野菜用の培養土」などで大丈夫です。あまりこだわる必要はありませんよ。

鉢底石

プランター栽培には水はけを良くするために鉢底石を敷きましょう。鉢底石を敷いておくと根腐れなどを予防できます。

敷く量は、鉢の底からから5cm程度の高さになるまでです。

追肥用の肥料

プランター栽培の場合、収穫が始まったら、2週間ごとに粒状の化成肥料を追肥をしましょう。

液肥よりも粒状のもののほうが効果が続くので、追肥の手間が少ないです。

葉を食用とする大葉の追肥には、窒素分の多い「N:P:K=10:6:6」と表記のある肥料がおすすめですよ。

支柱

大葉1株につき1本支柱を立てて固定しておくと茎が折れるリスクが減らせますよ。

特に大葉のプランター栽培では風の影響を受けやすく茎が折れやすいです。支柱は60cm程の長さがあれば十分ですよ。

一緒に植えるといい野菜は赤しそ

大葉と一緒に植えるといい植物(コンパニオンプランツ)は赤しそです。近くに植えることで、お互いの害虫を寄せ付けない効果があります。

大葉と赤しそのプランターを隣同士に置くだけでも効果がありますよ。

まとめ

  • 大葉の収穫方法は下の大きい葉からハサミで収穫するのがおすすめ
  • 大葉の収穫のタイミングは株の背丈が30cm程度になり10枚以上の葉が出てきた頃が目安になる
  • 大葉の収穫量を増やすには「摘芯」をし、収穫時期を延ばすには「風通しをよくし花穂を摘み取る」などを行うといい
  • 大葉を収穫した後の保存は冷凍や乾燥させると長く保存ができる
  • 大葉の栽培はプランターでも可能!プランターは幅65cmくらい(2~3株植え)のものがおすすめ
B太郎さん

大葉の収穫は「大きい葉から」「下から」「ハサミを使って」行うといいんだね。「どこから収穫しよう…。」って悩んでいたけどもう大丈夫だよ!

これからは大葉を目の前にして「どこから収穫しよう…。」とボ~っと眺めることは無くなりますね♪

プランター栽培の場合、日中は日陰に置いて置くことをおすすめします。

大葉は強い日差しを浴びると葉が硬くなります。ですので日差しの強い時間帯は、少し日陰に逃がしてあげることで、葉が柔らかい状態で収穫ができますよ。

笑顔アイコン
いちこ

収穫量を増やす方法や収穫時期を延ばす方法を組み合わせて、ぜひ大葉の収穫を長く楽しんでくださいね。